Press "Enter" to skip to content

マーケティングにより決まるサイト構築の手法

サイトの構築と管理は、マーケティングにおいて、顧客を分析することにより得られます。
分析手法はさまざまなツールが開発され、重要な判断材料となっています。
記事やその内容は任意に決めてよいものではなく、顧客に提供する商品やサービスによって決められます。
マーケティングにおいて大切なことは、ターゲットを絞ることです。
全ての人を対象としたのでは適切なサイトの運営や管理はできません。
ターゲットを絞ることで、内容が変わり、提供する通信環境も変わります。
中高年のネットへのアクセスは未だにPCが主流です。
しかし、若者は既にネットへのアクセスにおいてスマートホンなどのモバイル系のデバイスを使っています。
PCとモバイルではホームページのデザインも異なります。
PCのナビゲーションは固定されていますが、モバイルではハンバーガーメニュー等が使われ、多様化しています。
マーケティングにより、SEOの対策やリスティング広告の中身が変化します。
さらに、ホームページ内ではテキストが以前にも増して重要になっています。
テキストの説得力は依然として高く、SEO対策としても効果的です。
質の高いテキストや頻繁な更新は、検索による上位掲載を引き出します。
適切なタイトルは一言でサービスの本質を伝えます。
ホームページの閲覧者は、場合によってはほんの数秒の閲覧で、他のページへ飛んでいきます。
瞬時に中身をアピールするためには、タイトルは重要性が増すばかりです。